NextInput CEO兼共同創業者 Ali Foughi

スマートサーフェスと車載HMIの未来 今日、Bluetoothペアリング、マッピングソフトウェア、および車の完全なインターネット接続を備えた大型タッチディスプレイにより、機能性は、先に続く道路に集中しながら、利用可能なすべての情報をナビゲーションするという人間の能力を超えて向上しています。自動車業界は、無駄のない、見た目に美しくかつ安全に操作できる、ミニマリストデザインへのリエンジニアリングとともに、増え続けるコンテンツとユーティリティに対する消費者の要求を満たすために、ヒューマンマシンインターフェイス(HMI)を再考することを余儀なくされています。 メルセデス・ベンツ VISION EQS スマートサーフェスインテリアのコンセプトデザイン©DaimlerAG スマートサーフェス 自動車メーカーは、まず、スマートフォンからヒントを得て、メニューとサブメニューに区分されたさまざまなコントロールを備えたタッチディスプレイを作成しました。これらの初期のタッチディスプレイ採用は、2つの理由で失敗しました。第一に、メニューの操作が困難でした。ユーザーが注意を集中できるスマートフォンとは異なり、意図的に駆動される触覚応答を備えた物理的なボタンがないことは、マルチタスクドライバーのイライラの原因となりました。第二に、既存のディスプレイ技術はスマートフォンには十分ですが、自動車には不十分でした。抵抗膜方式のタッチディスプレイは直射日光の下では読みにくく、時間の経過とともに性能が大幅に低下しました。同様に、ドライバーにしてみれば、静電容量式タッチも不十分であると感じられました。寒い天候では、ドライバーは手袋を外さないとHVACを操作することができませんでした。湿気やEMIなどの条件も、ユーザーの入力を認識するシステムの能力を干渉し、ユーザーエクスペリエンスを大幅に低下させる結果となりました。車載テクノロジーは、不注意運転を防止し、危険を回避するために、どのような環境でも応答性を維持しなければなりません。 こうした要求に応えて、工業デザイナーは、ダッシュボードのデザインを、個別のボタンがあるものから、同じ機能性を持つものの高級感のあるサーフェスの陰に隠したデザインへと再構築しました。ボタンは必要に応じて利用可能で、不要になると再び消えるというものです。イメージしたのは、ドライバーに関連するコントロールのみを表示する、滑らかでギャップのない無垢材またはカーボンファイバーのパネルです。従来のボタンをなくすことで、現代の自動車において製品保証費の最大要因である機械的なボタンの故障もなくなるというわけです。ビジョンは存在しましたが、それを実現できる技術は存在しませんでした。 NextInputの登場 MEMSベースのセンシングのリーダーであるNextInput社は、その革新的なフォースセンシングソリューションで自動車業界の注目を急速に集めています。NextInputの特許取得済みのセンシング技術は、あらゆる素材から意図を検出するのに十分な感度と、AEC-Q100車載用認定を取得するのに十分な堅牢性の両方を備えた唯一の実行可能なソリューションであると広く認識されています。ある革新的な電気自動車メーカーは、ステアリングホイールのボタンコントロールを、NextInputのソリッドステートのイングレスフリーソリューションに置き換えて、すでに大量生産を行っています。実際、数社の自動車OEMは、ステアリングホイール、3D-Touch対応ディスプレイ、ドアパネルコントロールなど、幅広いスマートサーフェス・アプリケーション向けにNextInputソリューションを採用した設計をすでに実施しています。NextInputは現在、自動車の車内にコンテキスト・アウェアネスをもたらすための取組みを行っています。 コンテキスト・アウェアネス ダッシュボードコントロールをスマートサーフェスで真に置き換えるには、ドライバーが目的の機能にすばやく、直感的に、そして安全に到達できるように、コンテキストアウェアネスが重要です。スマートフォンのように、現代の自動車はさまざまなセンサーを備えています。その結果、ドライバーの行動を検出、監視、予測し、結果を制御するために利用できる多数のセンサーからの情報を融合することが可能です。 たとえば、車は、ドライバーがスマートフォンで音楽を聴いていることを検出した場合、音楽をカーステレオに転送し、スマートサーフェスにオーディオコントロールを表示します。同様に、寒い朝には、車はHVACを自動的にオンにし、シートウォーマーのコントロールを表示します。さて、危険な道路状況に遭遇した場合を想像してみてください。音楽は即座にミュートされ、地図がポップアップして別のルートを提案します。 AIと機械学習を通じて、自動車はドライバーの安全を保持する方法を学び、ドライバーが次に何を欲するのかを予測します。 半自動および完全自動運転 車内でのコンテキスト・アウェアネスのもう1つの利点は、半自動運転技術の採用によって明らかになります。ドライバーの意図を判断するために使用されるのと同じセンサーを使用して、ドライバーの健康状態を測定し、無能力状態にあるかないかを判断することもできます。たとえば、ステアリングホイールとシートにあるNextInputのセンシングソリューションを使用して、ドライバーが注意深く、積極的に運転に関与しているか、それともぐったりして制御されていない状態になっていないかを判断できます。無能力状態にあることが検出された場合、LiDARが事故が差し迫っていることを検出したことによって単にブレーキをかけるのではなく、自動車が自動的に引き継ぎ、安全に操作し、助けを求めます。 完全自動運転が普及するにつれて、スマートサーフェスの需要は高まるでしょう。車内が生産性とエンターテインメントスペースへと変貌するにつれて、車内でのインタラクションが増えるため、消費者はさらに高レベルの美を要求するようになります。すべてのインタラクションの「タッチアンドフィール」エクスペリエンスは、それらの焦点がもはや外部にないため、より重要になります。未来の車の車内には、乗客が望むすべてのものがあり、すべてが手の届く範囲にあります。 結論 : 現在設計中のスマートサーフェスを備えた自動車内装の急増に伴い、まったく新しい車載HMIが今後数年間で市場に登場し、消費者が車両と作用し合う方法を、贅沢さと経済性の両面から根本的に変えるでしょう。NextInputは、新しい工業デザインへのパラダイムシフトを可能にする最前線にあり、自動車、モバイル、およびコンシューマーアプリケーション向けに、生産対応のフォースセンシングソリューションをこれまでに2,000万台超出荷しています。 The post NextInput CEO兼共同創業者 Ali Foughi appeared first on EETimes.